0f020314.jpg更新が滞り申し訳ございませんでした。

『蜘蛛の巣/シェルショック』公演を終了いたしました。たくさんのご来場、ありがとうございました。









アンケート回収率はD.R.P.発足以来最高でした。社会不安、格差社会のなか、心の問題とも向き合って生きていかなくてはいけない苦しい現代をいかに生きてゆくか。誰一人として安易な救いに到達しないオニール劇は、現代日本人の心に強く訴えかける力を持っているのでしょう。さまざまな視点からご覧いただけたようです。

さて、公演が済み、下半期のD.R.P.は、また新しい歩みを続けていきます。しばしの休息、というわけで『蜘蛛の巣/シェルショック』公演メンバーを中心に

Drama Ryukyu Project

として沖縄ツアーに出かけました。
美しい海、温かい人々に触れて、一同俳優としても感じるところがあったようです。

さて、『蜘蛛の巣/シェルショック』で悲劇の女ローズを熱演いたしました内藤千紗の公演が迫っておりますのでこちらでも告知をさせていただきます。

どて劇団7回公演
『エリア1』
脚本→川口 清人
演出→滝沢 明弘

出演→11名

劇場→中野MOMO

公演日時→7月
9日19時
10日15時と19時
11日19時
12日15時と19時
13日14時と18時
14日15時
です
チケット→前売り3000円 当日3500円
小学生以下1000円

また私、多和田真太良は、外部演出で、目下稽古中です。こちらもぜひ。

森下庸之プロデュース vol.1
”お月さまのために”

作   鈴江 俊郎

演出 多和田 真太良(D.R.P.)

出演 池田 恵子(NASAアクターズスタジオ)、乙倉 遥(演劇集団 円)
    今野 太郎、千葉 勇佑(青山ねりもの協会)
    平澤 萌花(青山ねりもの協会)、松井 美宣、宮崎 優里
    森川 有紀子、森下 庸之、吉田 真唯子 

舞台監督:油津 泰行
舞台監督助手:板橋 恭史
照明:大野 正光(あかり組)
音響:井川 佳代
衣装:三井 慈子
企画・制作:森下 庸之
制作助手:小嶋 佳代子、釼 栄一、平田 壱仁
協力:office白ヒ沼、演劇集団円、NASAアクターズスタジオ
青山ねりもの協会、D.R.P.
                            
2008年7月25日(金)〜27日(日) 浅草橋アドリブ小劇場 
                           
25日(金)19:00〜
26日(土)14:00〜/19:00〜
27日(日)14:00〜

全席自由
前売り2500円 当日3000円