09bdeb2a.jpgいよいよ稽古開始!
2本の出演者、主なスタッフが揃って顔合わせが行われました。
稽古は2つに分かれるのでお互いけん制?!
ユージン・オニール生誕120周年の今年、D.R.P.は短編一幕劇を2本立てで上演します。
『蜘蛛の巣』はニューヨーク、スラム街のアパートが舞台。人間を厳しい視点で描くオニール戯曲の原点とも言える「究極のハードボイルド」。

『シェルショック』。シェルショックとは何か?戦場の英雄が抱える不安とは。オニールには極めて珍しい反戦劇、そしてハッピーエンド。舞台を現代に移して上演します。

6月は王子へ!『楽屋』に続くD.R.P.演劇公演第2弾、9人の男と1人の女。魅力的なキャラクターがあふれるオニール一幕劇をぜひご期待ください。

D.R.P.演劇公演
ユージン・オニール生誕120周年
『蜘蛛の巣/シェルショック』

6月5日(木)〜8日(日)
シアターバビロンの流れのほとりにて(王子駅・王子神谷駅)

5日(木)19:00開演
6日(金)・7日(土)14:00/19:00開演
8日(日)14:00開演
(開場は開演の30分前です)

作:ユージン・オニール(京都修学社刊「オニール一幕集『蜘蛛の巣』」より)
演出・美術:多和田真太良
照明:大野正光(あかり組)
舞台監督:林大介(D.S.Project)

出演:
『蜘蛛の巣』the-web
Powered by PICS

内藤千紗・服部訓広・北川亮一(劇団☆錦魚鉢)・高松一毅・野中翔太・永野智史

『シェルショック』shellshock
Powered by PICS

松山立・東正実(プロダクションタンク)・救仁郷将志(ワンダー・プロ)・板橋恭史

チケットのお申し込みは
drp2007@livedoor.comへ!