本番までいよいよ三日となりました。
これまで、たくさんの方からご予約をいただいております。

まだの方はこちらから!



本番直前の稽古には、独特の雰囲気があります。


もうちょっとどうにかならんのか…と追い詰められたような気分になったり、それを打開しようと奮起したり、不安と期待、もっと言えば、絶望と光明の入り混じった雰囲気が稽古場には生まれるものです。


月並みな言い方ですが、演劇を作る過程において最も創造的な瞬間が多く生まれるのは、この本番直前という特別な時期であるような気がします。


積み上げてきたことがありますし、そのとき煌めくアイデアがあります。
経験を積んだ俳優がいますし、新しいを持ち込む俳優もいます。

通し稽古をしていると、『ペール・ギュント』という一本の長い道を、タスキを繋ぎながら走っているようです。

28日は東京マラソンの日ですが、走っているのはランナーばかりではありません。