チケット好評発売中!
公演詳細、お申込みはこちら。


他劇団ではあまりやらないことなのかもしれませんが、DRPは稽古の最終段階に本読み稽古をします。何を今さら、と思われるでしょうか。

句読点や助詞、助動詞など、台詞の微妙な覚え違いをチェックするのがひとつの目的。
もうひとつの大きな目的は、これまでの稽古で自分たちが通ってきた道筋を確認するということです。


不思議なもので、一番最初の稽古で読んだときと最後の本読みでは、同じようで違う作品に見えてきます。
その中で、幾多の方向へ進路をとっては引き返し、旋回し、多くの誤解をし、試行錯誤を繰り返してきました。

結果として選んだやり方だけでなく、迷った道筋に改めて目を向けることで、劇全体に厚みが出てきます。


最終本読み稽古は、今さらながら「ああ、こういうことだったのか」という発見に満ちており、知らず知らずのうちに離れていた戯曲との距離を知り、修正できる最後のチャンスといえるでしょう。


戯曲に始まり、戯曲に終わるのがDRP。

始まりから終わりまでに、いかに遠くへ、そしていかに戯曲の核心部分へと迫れるかが私たちの勝負です。


みなさんと劇場でお会いできるのを、DRP一同心から楽しみにしています。