Image155


公演情報、チケットのお申し込みはこちら!!


昨夜から大型台風直撃で、さすがに本日の稽古は夕方から。
時間は一分一秒が惜しいところですが、大自然には勝てません。


立ち稽古が始まっております。


まずは細かい演技というより、場面全体の大まかな動きや雰囲気をひとつひとつ決めていく作業を進めていきます。

本読み稽古では一字一句立ち止まり、熟考しながら進めていくのですが、立ち稽古になると動きの中で演技の修正を加えていかなければなりません。
立ち稽古に入ると、一点を凝視するような集中力と同時に、全体を常に意識しながらささいな変化をすくいあげる洞察力が長時間要求されます。

実際に立ってみると、その人物の性格が根本から変わってしまうことも珍しくはありません。

それが良い方向へなのか、悪い方向へなのか。

戯曲という大きな流れの中で、俳優ひとりひとりの正確な舵取りが要求されてきます。